矢板護岸工

シートパイル・ガード工法(SPガード工法)

シートパイル・ガード工法

鋼矢板水路補修工法のパネル被覆工法は、腐食した鋼矢板にアルカリ性のコンクリートを被覆することで矢板の腐食を抑制しつつ補強することを目的としており、既存鋼矢板と充填コンクリートとの付着力は矢板水路壁全体の構造に大きな影響をもたらします。
「SPガード工法」は、従来のパネル被覆工法とは違い、トラス筋を用いる事によって既存鋼矢板と被覆コンクリートとの一体性の向上を図った工法です。

ハットブロック

ハットブロック

ハット形鋼矢板900専用のプレキャスト笠コンクリート製品です。工期の短縮が可能です。河川側底部には底版がありますので、胴込コンクリート打設時の型枠は必要ありません。

ビオマーク

ビオマーク

軽量、薄型な為、既存の構造物を壊さず表面を天然多孔質素材に代える事が出来、経年変化と共に周囲の自然に調和します。両生類、爬虫類、昆虫類などの移動を阻害するコンクリート構造物を移動可能な多孔質環境に回復します。多孔質構造により微生物や苔類、ツタ類の植物が付着しやすく設置環境によって緑化などの効果が期待できます。

い合わせ

当社の製品・サービスについて問い合わせ先がご不明な時や、その他お困りの時など、下記の方法よりお問い合わせください。
後ほど、弊社担当者より折り返しご連絡・ご回答させていただきます。

メールによるお問い合わせ

製品・工法に関して

seihin@kyowa-concrete.co.jp

求人・採用・その他

kyowa1@kyowa-concrete.co.jp

FAXによるお問い合わせ

FAX用フォーム

FAX用フォーム(PDF)をダウンロードしてご利用下さい。必要事項をご記入のうえ、送信をお願い致します。

最寄の事業所へのお問い合わせ

事業所一覧

© 2006. Kyowa Concrete Industry CO,LTD.All right reserved.