補強土擁壁

RRRパネル工法

RRRパネル工法

RRR工法(Reinforced Railroad/Road with Rigid Facing Construction System)は、(財)鉄道総合技術研究所によって開発された工法です。RRR工法は曲げ剛性を有する一体の壁面と補強材を用いた補強土工法であり補強盛土工法と既設盛土法面急勾配化工法の2工法から構成されています。

多数アンカー式補強土擁壁

多数アンカー式補強土擁壁

アンカープレートの引抜抵抗力を利用して盛土を拘束するとともに壁面に作用する土圧に抵抗して安定した盛土を構築することが出来ます。盛土上部の使用目的に適合していれば、現地発生土(粘性土、砂質土等)の有効利用ができ、それぞれに適したフレキシブルな設計が可能です。「(財)土木研究センター」編集による設計・施工マニュアルに基づいて施工される安全な工法です。

テンサーVIG工法・ヴィーグル

テンサーVIG工法・ヴィーグル

テンサーVIG工法は三菱化学産資株式会社との共同研究により開発した工法です。背面盛土に対する拘束効果が大きく、補強土壁の変形を抑えることが出来ます。ヴィーグル(VIGパネル)同士を上下、左右連結することで壁面工全体の一体化、変形抑制効果が得られます。 背面盛土の圧縮沈下に対して高い追従性を有しております。連結方法は特許取得しています。

PAN WALL工法

PAN WALL工法

PAN(Panel And Nail)WALL工法は急勾配斜面安定工法、地山補強土工法の理論に基づく工法です。補強土工法の表面保護として、プレキャストコンクリート板を使用して、急勾配(1分~5分)化により自然法面を可能な限り残し逆巻き工法を基本とした安全性の高い工法です。

い合わせ

当社の製品・サービスについて問い合わせ先がご不明な時や、その他お困りの時など、下記の方法よりお問い合わせください。
後ほど、弊社担当者より折り返しご連絡・ご回答させていただきます。

メールによるお問い合わせ

製品・工法に関して

seihin@kyowa-concrete.co.jp

求人・採用・その他

kyowa1@kyowa-concrete.co.jp

FAXによるお問い合わせ

FAX用フォーム

FAX用フォーム(PDF)をダウンロードしてご利用下さい。必要事項をご記入のうえ、送信をお願い致します。

最寄の事業所へのお問い合わせ

事業所一覧

© 2006. Kyowa Concrete Industry CO,LTD.All right reserved.