残存型枠工

EKウォール

EKウォール

連結金具が内蔵されておりより安全に構造物が作れます。型枠内部作業の為高所でも安全に作業できます。残存型枠の為工事で発生する産業廃棄物が少なくなります。工法の単純化による省力化コストの削減ができます。

INSEM or LUC-SBウォール工法

INSEM or LUC-SBウォール工法

SBウォール工法は、INSEM工法やLUC工法により構築した堤体内部材を上下流の外部保護材で保護することにより、土石流対策えん堤、砂防えん堤等に要求される耐磨耗性、耐衝撃性、耐久性及び景観性を向上させ、コスト縮減および現地発生土砂の有効活用による建設環境の向上を図りながら、設計施工を合理化する工法です。

SPCW工法(旧称 S.P.Cウォール工法)

SPCW工法

気泡混合軽量材を利用した構造物の構築に当たり「狭い場所でも施工可能」な施工方法として開発したものです。SPCWパネル(プレキャストコンクリート化粧版)をPC鋼棒で連結・緊張するキャンティ方式を採用した自立部材で、その背面に軽量材を使用することにより垂直壁または斜め壁の盛土構造物が容易に構築でき他工法に比べ工期短縮と経済性に優れた工法です。

LBパネル(気泡混合軽量盛土工法)

LBパネル気泡混合軽量盛土工法

パネル1枚の質量が軽く手作業による施工を標準工法とします。パネルの軽量化により狭隘地区及び急傾斜地区における工事が容易です。寸法精度の高い組立金具であるため、施工精度があがります。 ボルトにより緊結されるまでは柔構造の金具であるため、施工時においての壁面調整が容易です。

残置型枠ブロック

残置型枠ブロック

漁港の岸壁・物揚場等で機能保全や性能向上のために水中コンクリートによる「腹付工」が実施されています。「プレキャストコンクリート製残置型枠工法」は、この腹付工の標準工法として開発されました。従来の鋼製型枠を本製品に置き換えて施工することで、施工効率と作業安全度の向上が期待できます。

RRRパネル工法

RRRパネル工法

RRR工法(Reinforced Railroad/Road with Rigid Facing Construction System)は、(財)鉄道総合技術研究所によって開発された工法です。RRR工法は曲げ剛性を有する一体の壁面と補強材を用いた補強土工法であり補強盛土工法と既設盛土法面急勾配化工法の2工法から構成されています。

ビオマーク

ビオマーク

軽量、薄型な為、既存の構造物を壊さず表面を天然多孔質素材に代える事が出来、経年変化と共に周囲の自然に調和します。両生類、爬虫類、昆虫類などの移動を阻害するコンクリート構造物を移動可能な多孔質環境に回復します。多孔質構造により微生物や苔類、ツタ類の植物が付着しやすく設置環境によって緑化などの効果が期待できます。

プロテロックピアス

プロテロックピアス

構造物と同じコンクリート製であり違和感がありません。工場にて規格寸法で製作され尚且つ取付孔(10)が50ピッチで用意されている為、現場での取付孔加工の作業がないのですぐ組立作業ができます。取り外さないため解体、片付けがいりません。

プロテロックメーク

プロテロックメーク

型枠の中に支保工になる形鋼・メッシュが内蔵され内側より安全に作業ができます。形鋼は型枠裏面にぐるりとまわっておりどのようにカットされても組み立てセパを取り付けることができます。工場で製造されるため表面がきれいに仕上がり自由な意匠、カラーバリエーションが選択できます。

プロテロックワンダー

プロテロックワンダー

プロテロックピアスと同じ即時脱型で製造された薄肉コンクリート製型枠です。内蔵された鋼製補強部材には防錆処理としてエポキシ塗装であるWカチオン電着塗装を施し耐久性を高めています。

ムジンガー

ムジンガー

砂防えん堤工事や渓流保全用護岸工事において工事箇所が急峡で土石流や落石の危険が大きい河床内など、施工現場の条件が厳しく非常時における非難時間の確保が困難な現場では、「無人化施工」により工事の安全性を確保して行っております。

い合わせ

当社の製品・サービスについて問い合わせ先がご不明な時や、その他お困りの時など、下記の方法よりお問い合わせください。
後ほど、弊社担当者より折り返しご連絡・ご回答させていただきます。

メールによるお問い合わせ

製品・工法に関して

seihin@kyowa-concrete.co.jp

求人・採用・その他

kyowa1@kyowa-concrete.co.jp

FAXによるお問い合わせ

FAX用フォーム

FAX用フォーム(PDF)をダウンロードしてご利用下さい。必要事項をご記入のうえ、送信をお願い致します。

最寄の事業所へのお問い合わせ

事業所一覧

© 2006. Kyowa Concrete Industry CO,LTD.All right reserved.