Gr・L型擁壁

防護柵基礎一体型プレキャストL型擁壁

Gr・L型擁壁

Gr・L型擁壁は、和光コンクリート工業株式会社の開発商品です


NETIS登録 : QS-030051-V 建設技術審査証明書取得(建技審証 第0438号)

 「Gr・L型擁壁」は、たて壁部分に種別C種又はB種の車両用防護柵支柱を設置するための基礎を一体成型し、衝突荷重に対する擁壁の安定性、強度及び車両用防護柵が持つ車両の誘導性能や路外逸脱防止性能を実車衝突試験で確認したプレキャストL型擁壁です。


特 長 強度確認実験 規格形状図 標準断面図(直接基礎) 標準断面図(L型擁壁)
標準断面図(補強土・ブロック積み) 地盤反力度 施工例 取扱地域  


特長
  • 擁壁の設計にあたっては、等分布荷荷重10kN/uの自動車荷重に加えて、種別C種・B種防護柵に作用する推力30kNを考慮してありますので、土圧(試行くさび法により算定)や衝突に対しても十分安全です。
  • 補強土壁工法等の上部に防護柵基礎として使用することも、直接基礎上に施工することも可能です。
  • 補強土壁工法等の上に設置した場合と、直接基礎上に設置した場合の2通りについて、Gr・L型擁壁に防護柵を設置した状態で実車衝突試験を行い、種別C種またはB種車両用防護柵に所定の車両衝突荷重が作用しても、擁壁は安定していること、擁壁は有害となるひび割れが発生せず破損しないこと、補強土壁工などの下部擁壁工に与える影響か少ないことを確認しました。
  • 縦断勾配(最大15%)や曲線区間での施工も可能です。

強度確認実験


衝突実験前(直接基礎上)

衝突実験前(補強土壁上)

トラック衝突時(直接基礎上)

トラック衝突時(補強土壁上)

衝突後の状況(直接基礎上)

衝突後の状況(補強土壁上)
規格形状図
クリックで拡大


( )内の数値は粘性土の場合の製品寸法になります。

※500タイプには、水抜き孔はありません。吊り金具にて据付けを行います。
※安全のため、吊り金具はしっかりと固定し、吊り荷の下には決して入らないでください。
※連結ボルトはM16を使用します。又、ボルト連結後フランジ内には必ずモルタル充填をお願いします。
※地域によっては表面に模様を施している製品もございます。    ※粘性土対応製品を製造していない地域もございます。


標準断面図(直接基礎)  
直接基礎の場合
   
敷設歩掛表

( )内の数値は粘性土の場合の製品寸法になります。

※500〜1000にはバックホウ(2.9t吊)を使用し、1500〜にはラフテレーンクレーン(25t吊)を使用します。
※上記の据付歩掛は、擁壁の据付作業であり、防護柵の据付けは含みません。
※均しコンクリート及び基礎材の巾と厚さはあくまで標準的な寸法であり、現場状況により適宜変更してください。

標準断面図(L型擁壁)  


標準断面図(補強土・ブロック積み)


地盤反力度



施工例

取扱地域

(弊社における Gr ・ L型擁壁の営業販売は、下記の地域になります)
地  区
取 扱 地 域
東北地区 青森県・秋田県・岩手県
関東地区 茨城県・千葉県・東京都・神奈川県
関西・中国地区 京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・大阪府・兵庫県・岡山県
九州地区 福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県

検索ワード:ガードレール基礎,L型擁壁
お問い合わせ

製品に関するお問い合わせは、最寄の事業所まで。 またはお問い合わせにてご連絡ください。


もどる

 ホーム